40代・50代というのは女性ホルモンが少なくなることで一般には知れ渡っていますが、本当のことを言うと睡眠が足りないことも女性ホルモンの分泌を抑止する要因のひとつ。

そこで今日は、気分が良く就寝ながら女性ホルモンをアップする安眠の裏ワザについてお伝えします。

睡眠不足は体の機能を低下させる

睡眠については身体的基礎を生み出し美しいを育てるパワーが込められてます。

ですが、睡眠が足りないことが持続すると女性ホルモンのひとつで美を決定づけるホルモンという名の「エストロゲン」の分泌が減って、女性ホルモンが崩れやすくなっていくのです。

エイジング年代は女性ホルモンが急速に少なくする弱々しい年齢層。

それでいて、家族の中心としては働いていたり、仕事とプライベートのかけもちでドタバタしているなどと睡眠が足りないことが発生することが多くす。

今のままだと心と身体の元気がボディブローみたいにジワジワ蝕まれちゃうと一緒に、老化現象がスピードアップし年寄りのイメージがプラスされてくる恐れも。

さらに新陳代謝が悪くなって、肥満になりやすく陥ってしまうことも気掛かりされます。

24時に眠れば睡眠がエステ時間に!

我々日本人の日常生活に従って改定された「新・睡眠ゴールデンタイム」という名の0時~6時にかぶせて7~8時間眠りにつくことがちょうど良い就寝を取る方法になります。

その中でも覚えておいてほしい事は寝始めの3時間

この時間帯は自然界美容液だともいわれる「成長ホルモン」がメインとして分泌され、細胞を再生しカラダを保守してくれるはずです。

合わせて、強い抗酸化作用と成長ホルモンの分泌を促進する睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌もピークになるため、0時を目処に寝つくことで睡眠時間がエステサロン時間に早変わりします!

0時に心地良く就寝するには、眠りに就く前の暮らし方も改善たいものです。

21時以後についてはきついエクササイズというのは遠ざけ、ヨガやストレッチにおいて疲労回復。

シャワーで終了させるのじゃなく、38~40度位のぬるま湯に10~20分間全身浴して休暇モードの副交感神経に転換るのです。

TVやスマホは働きモードの交感神経を活発化し、ディスプレイのブルーライトがメラトニンの分泌を減退させて寝入りをストップさせるから早いうちにOffすることが◎になります。

寝具環境を整えて快眠度をアップ

質のいい快眠においては、カラダにマッチした寝具も必要不可欠です。

枕は高過ぎることもなく低過ぎることもなく、首のカーブを満たして首から頭に掛けてきちんとサポートしてくれるもの。

マットレスは立ち止まっている時同様みたいな寝姿勢をキープできて、寝返りを打ちやすいように、体圧をちゃんと分散できるもの。

掛ふとんは重過ぎることもなく、軽いタイプをセレクトするようにしてください。

さらに、着用する健康補助食品ということもできるパジャマにもこだわりを。

ルームウェアから、さわり心地が良く寝返りのされることが多いパジャマに衣裳チェンジるべきです。

シルクは「セリシン」といった保湿力の抜群である自然のタンパク質が入っていて美肌作用が非常に高いから、寝ながらも美容を実施したい人にふさわしい素材になります。

夕食に摂りたい3大食材

安眠ライフの為に一番大事なことが食事内容

その中でも、晩ごはんに摂り入れることが肝心なおすすめできる食べ物が、納豆・セロリ・タマネギになります。

納豆に入る酵素「ナットウキナーゼ」は発汗して固まりがちになる睡眠中の血液をサラサラに変えてくれるでしょう。

セロリの葉の場所には「アピイン」といった精油成分が入っていて、この芳しさが精神を安定させ睡眠障害改善に。

タマネギが保持している独特な刺激臭「硫化アリル」については、リラックスや神経をリラックスさせる快眠作用を示します。

タマネギだけじゃなく、アサツキやワケギといったネギ類、ニラ、にんにくなどに配合されているから、みじん切りにした長ネギを一緒にした納豆、セロリとタマネギのサラダ、豚の生姜焼きといった安眠推進料理法を活用することができる分野より晩ごはんでチャレンジしてみてくださいね。

 

この記事も読んでみたい

エイジングケアってなに?詳しく解説!

年齢がバレちゃう「首のシワ」!今すぐ始めたいケアとは?